町田で安く葬儀を行うための情報

葬儀というと百万円以上の費用がかかることも珍しくなく、費用がかかるというイメージが強いものだと思います。日常とかけ離れた非日常の出来事なため、日ごろから価格を比較検討して準備するものではないので、わけのわからぬまま「最期なのでせっかくだから良い物を」と葬儀社のおすすめ通りに話を進めていたら気付けば莫大な費用になっていた、なんてことも珍しくありません。最期なので気持ち良く送ってあげたいという気持ちは残しつつも、予算を設定してその枠内で済ませることができたら遺族としても安心して葬儀を行うことができます。そのためには自分の住む市区町村ではどのようにすると費用を節約しながらも良い葬儀を行えるか、早い段階から知っておくことはとても大切なことです。

単位が大きくなれば費用も高くなる

まず一つ言えることは、葬儀は何事も単位が大きくなれば費用は比例して高くなります。参列者の人数が多ければ多いほど広い斎場が必要となりますし、それに伴い設置される祭壇も大気いものが必要となります。生花祭壇にする場合は生花の量も多数必要になるので費用は格段に高くなり、通夜ぶるまいや精進落としなどの飲食代、会葬礼状や会葬お礼など細かい雑費の費用も高くなります。故人に多くの知人や関係者がいる場合は規模が大きくなっても然るべきですが、生前にあまり人との行き来が無かった場合は家族葬という小規模な葬儀を行う選択で費用を抑えることができます。特に都市部では家族葬という選択は急増しており、都内の町田市においても家族葬はもはやスタンダードとも言えるほど一般化しています。

公営斎場を利用して価格を抑える

また、家族葬の中でも限られた親族のみでこぢんまりと葬儀を行う場合は、従来の2日間かけて行う形式ではなく、1日で葬儀と火葬を行う一日葬という方式もスタンダードになりつつあります。葬儀の形式は故人と家族の生活スタイルによって従来の一般葬、家族葬といった違いがありますが、どちらの場合も公営斎場を使用すると費用を抑えることができます。町田市の場合は公営の南多摩斎場を使用する場合は、故人が町田市民として住民登録されていれば火葬費用は無料です。斎場内の式場費用も市民以外が利用する場合の半額で利用でき、一般的に斎場から火葬場へ移動する際のマイクロバスやタクシー費用も節約することができます。また、南多摩斎場には白木祭壇が常設されているので、祭壇費用を抑えることもでき、リーズナブルに葬儀を行うことができるのです。