安くする事が可能な町田での葬儀

大事な家族の訃報を受け、悲しみの淵にいながらも遺族は葬儀に向けて決めなければいけないことが満載です。式場から祭壇の規模、参列者への声かけなど取り決め事項は多々ありますが、初めての葬儀の準備を進める中で費用の高さに驚く遺族は多いものです。特に、一般常識や地域の相場がわからず葬儀社のアドバイスに従っていたら想像以上の高額になってしまった、最後だから良い物をというスタンスで取り決めていたらちりも積もればでかなりの値段になってしまった、などという費用の問題は多く耳にするところです。葬儀には地域性が大きく影響するものですが、東京都町田市の場合はどのような葬儀が主流となっていて、リーズナブルに抑えたいという人のニーズにこたえてくれる葬儀社はあるのでしょうか。

家族葬という選択でリーズナブルに

ここ数年で家族葬の形態をとる人が全国的に増えています。特に核家族化や少子高齢化が進む都市部では、あまり周囲との付き合いを持たずに暮らしている一人暮らしの高齢者が増加していることもあり、生活様式の変化に伴って大々的に葬儀を行わない形式が増えています。また、冠婚葬祭を華美に行うよりも、別のことにお金を使いたいというシビアな考えの人も増加していることもあり、家族のみでこぢんまりと行う家族葬が町田でも増えています。一般的な葬儀の場合は平均すると100名ほどの参列者がいますが、家族葬の場合は家族と親戚だけで行うため10~20名が一般的です。そのため斎場や祭壇は小規模なものを使用することになり、飲食代も人数が少ないため、式にかかる費用が大きく抑えられる特徴があります。

南多摩斎場利用でリーズナブルに

町田市の住民の場合は、八王子市、町田氏、稲城市、多摩市、日野市の5市が共同で運営している南多摩斎場を破格で利用することができます。斎場を利用する場合、家族葬に向いているイス35~80脚までの小中規模な式場ならば5万円で、イス104脚を並べることができる大きな式場でも14万円で使用することができます。ちなみに上記5市以外の住民が使用する場合は、小中規模の式場が10万円、大規模式場は28万円と市民の場合は半額で利用することができるのです。また、火葬にかかる費用は、5市以外の住民は5万円ですが、市民の場合は無料です。火葬の際の待合室も無料で使えるため、葬儀や告別式を行わずに火葬のみを行う火葬式という選択をした場合は、とてもリーズナブルに執り行うことができるのです。